顔用制汗剤の有効成分についてはこちら

顔用制汗剤の有効成分とは?

顔用制汗剤,成分

人は、相手の顔を見て会話したり、顔色をうかがったりしますよね。

 

そんな時、顔汗がたくさん出ていたら恥ずかしいのなんの。

 

そうなるのを防ぐために、顔用制汗剤を使う人が多いと思います。

 

そこで今回は、顔用制汗剤の成分について、詳しくまとめてみたので是非参考にしてください。

 

有効成分フェノールスルホン酸亜鉛

顔用制汗剤,成分

商品として販売されている顔用制汗剤には、フェノールスルホン酸亜鉛という有効成分が含まれています。

 

フェノールスルホン酸亜鉛は、汗を抑える効果があります。

 

他にも、消臭などのデオドランド効果もある優れた成分です。

 

フェノールスルホン酸亜鉛には、発汗抑制効果があり、毛穴を引き締めて、汗の量をコントロールしてくれます。

 

毛穴や汗腺を完全に塞ぐのではなく、どちらかというと引き締める感じになるので、顔が火照ったり、肌が乾燥するのを防いでくれます。

 

さらに、フェノールスルホン酸亜鉛には、皮脂の過剰な分泌を抑える作用もあるので、継続して使用すると毛穴が目立たなくなり、自然なサラサラ肌が期待できます。

 

フェノールスルホン酸亜鉛は、pH値がほぼ中性になっているので、肌への刺激がきわめて少なく、肌の弱い人でも安心して使うことができる成分です。

 

有効成分ミョウバン

顔用制汗剤,成分

ミョウバンは、かなり古くから天然のデオドランド剤として使用されています。

 

ミョウバンには制汗作用、殺菌作用、収れん作用があり、顔用の制汗剤にはとても有効な成分です。

 

弱酸性のミョウバンは、肌の表面にいる雑菌の繁殖を防いでくれて、殺菌もしてくれます。

 

さらに、ニオイの原因となる、アンモニアと中和し、気になるニオイを消臭してくれます。

 

また、ミョウバンには、収れん作用があり、汗を抑えてくれる働きがあります。

 

有効成分シメン5オール

顔用制汗剤,成分

シメン5オールは、主に殺菌剤として用いられることが多い成分です。

 

シメン5オール自体には医薬品としての効果はなく、消毒薬や軟膏などの医薬品に使用されています。

 

顔用制汗剤の中で、肌に使用できる成分の中でも安全性が非常に高いと言われています。

 

現在では、いろいろな汗に関する商品に使われており、ワキガ治療などにも用いられています。

 

さらに、天然成分なので、口に入れても問題ございません。

 

フェノールスルホン酸亜鉛同様、使い続けることで効果に期待できます。

 

有効成分ナノセラミド

顔用制汗剤,成分

顔用の制汗剤は、肌に浸透してから効果を発揮します。

 

それをしっかり浸透させてくれるのが、ナノセラミド成分です。

 

セラミドとは、細胞間脂質と呼ばれる成分で、肌の細胞と細胞の間を満たすような形で存在しています。

 

セラミドは、紫外線や、年齢とともに減少していくものなので、お肌には欠かせない存在です。

 

セラミドが減っている状態でも、このナノセラミド成分は、セラミドの役割を担い、保湿して肌を守ってくれます。

 

上記で挙げた5つの有効成分の他にも、果実や野菜から得られる酸も、汗腺を塞ぎ、肌を引き締めて皮脂や汗の分泌を抑える効果があります。

 

クエン酸、タンニン、葉酸、乳酸やアロエなどの植物由来の抽出物を成分に取入れている制汗剤も多数存在します。

 

欲を言えば、これらが多く入っている制汗剤を選ぶほうが良いのですが、必ずしも多く使っているものが良い制汗剤だとは限らないので、あくまでも参考程度にしてください。

 

制汗剤を選ぶ際に、効果のある成分だけを見るのではなく、香料や着色料なども確認して、顔用に適しているもの、自分に合ったものを選ぶようにすることをお薦めします。

 

>>贅沢成分の顔汗対策用グッズはこちら