顔汗用の制汗剤って安全なの?肌荒れなどの心配は?

「顔汗」を抑える制汗剤って本当に安全?

顔汗,制汗剤,安全

「顔汗」を止めたいと思いませんか?汗タラタラの顔は恥ずかしいだけでなく、メイク崩れが気になりますよね。

 

顔汗制汗剤があるって聞いたことあるけど、本当に顔に吹きかけても安全なのか、肌荒れなど、肌トラブルになるんじゃないかって不安になります。

 

「顔汗」用の制汗剤は、メイクの上からでも塗れる〜薬用制汗ジェル〜

顔汗,制汗剤,安全

「顔汗」が酷い友人は、制汗ジェルを使っていますが、朝1回塗るだけで効果が持続するそうですが、その友人は、会社の休み時間の化粧直しの時も使っているそうです。

 

「顔汗」用の制汗ジェルはメイクした上からでも使えるので、化粧直しする時間がないときには、とても重宝するといっていました。

 

>>オススメの顔用の薬用制汗ジェルはこちら

 

「顔汗」を止める飲み薬もあります。

顔汗,制汗剤,安全

「顔汗」をブロックするのにプロパンサインという飲み薬があり、医療現場でも使われている薬なので安心安全な薬です。

 

プロパインサインの中のコリン作用によっで、汗の指示を出す脳司令部の命令を止める働きがあります。

 

 

「顔汗」に効くプロパンサインの特徴は?

顔汗,制汗剤,安全

「顔汗」を止めるのに良い一番の特徴は即効性があることです。

 

プロパンサンの効き目を十分に出したい場合は、汗止め効果が欲しい1時間前に飲むと、ちょうど良いです。

 

プロパンサインには、神経伝達物質の一種であるアセチルコリンの働きを抑制する作用があるので汗をかくという指令が止められ、一時的に汗をかかなくなるのも大きな特徴です。

 

プロパンサインは胃液を抑制する働きもあり、胃液の分泌が抑えられるので、医療現場では胃腸薬としても使われています。

 

 

「顔汗」に効くプロパンサンの副作用は?

顔汗,制汗剤,安全

「顔汗」に効くプロパンサインは内服薬なので、「顔汗」だけでなく、脇の下、背中、手汗など全身の汗対策にもなり、即効に効き目があらわれる代わりに副作用もあります。

 

体の中の体液の分泌が抑えられるため、「喉の渇き」が顕著に現れ、食事が喉を通りにくいというデメリットがあります。

 

その他の症状として、めまい、眠気、排尿困難、便秘などがあります。

 

また、緑内障や心疾患などの病気を患っている場合は、「プロパンサイン」を服用できないことがあるので、医師に相談して服用するようにしましょう。

 

「顔汗」に効く薬は体への負担が大きい

顔汗,制汗剤,安全

プロパンサンは処方薬

 

「顔汗」に効くプロパンサンは、病院の処方薬なので、一般の薬局、薬店、ドラッグストアなどでは、購入できないので、医師の診断が必要です。

 

プロパンサンは、一日に約3錠服用ですが、薬の効き目には個人差があり、1錠では効かないので1回2錠一日に6錠服用している人もいました。

 

また、プロパンサンは、副作用がきつく喉の渇きだけでなく、目や鼻の渇きも酷いようです。

 

ですので、プロパンサンは薬として効き目は大きいですが、それと同時に体への負担も大きいので、薬の飲用には十分注意しましょう。

 

 

安全面を考えるなら「顔汗」には、顔汗用のデオドラントや制汗剤で汗対策を行いましょう。

顔汗,制汗剤,安全

安全面を第一に考えるのであれば、薬ではなく顔汗用の制汗剤などで対処しましょう。

 

ですがボディー用のスプレー制汗剤などには、塩化アルミニウムという成分が含まれており、皮膚が薄い顔には、きつい成分なので、ボディー用の制汗剤は「顔汗」対策には使わないようにしましょう。

 

しっかり顔汗用のものを選ぶことが大切です。

 

>>オススメの顔用の制汗剤はこちら