【顔汗を抑える食事】顔汗は普段の食生活で改善できます!

顔汗は普段の食生活で改善できます!

顔汗,食事

本日は顔汗抑える食事についてお話をさせていただきます。

 

緊張をしたり何もしていなくても体調によっては汗をかきやすいと言う人がいますが、特に顔の汗と言うのは体の他の部位に比べると人目に付きやすいので、日頃の生活環境の中でケアできることがあればぜひ改善して行きたい所です。

 

また汗をかきやすいと言うことは実は皆さまの生活習慣をほんの少し改善することで変えることができますので、特に食生活が多くの要因を締めますので顔汗を改善したい方は是非気をつけてみて下さい。

顔汗をかきやすい食事

顔汗,食事

まず汗をかきやすくなる食材にはどの様な物があるかと言いますと

  • 香辛料
  • カフェインなどの刺激物
  • お酒
  • 脂肪類
  • 乳製品類
  • 糖分

などがありまして、これらの物を普段から多く摂取している方は顔汗をかきやすい体質だと言えるでしょう。

 

因みにこれらの物は私たちの日常生活において好きな人が多いと思いますが、特に辛い物が好きなのにチョコレートや砂糖入りのコーヒーを一日5〜6杯飲んだり夜ご飯の時にはお肉類が多く、また晩酌にはチーズを食べながらビールを飲むと言う方は体にも良くなく、典型的な顔に汗をかきやすい体質だと言えるでしょう。

顔汗を抑える、かきにくくする食事

顔汗,食事

今度は顔汗をかきにくくする場合にはどの様な物が効果的になるのかと言いますと、上記の物を全て辞めると言う訳には行きませんので何か一つ覚えておいていただきたいとすると、それは『大豆イソフラボン』になります。

 

特に男性で顔に汗をかきやすい方は大豆イソフラボンとはどの様な成分になるのかと言うことが分からなかったり女性専用の栄養サプリメントの成分として知られている場合もあると思いますが、この成分の効果は元々は女性ホルモンに似た働きをする事で有名な成分となるのですが、その一方で多汗症の予防にも効果の高い成分になるのです。

 

では大豆イソフラボンはどの様な部分で顔の汗を止める効果があるのかと言いますと『汗を抑制してくれる効果』になります。

 

特に緊張などから来る精神的な発汗に対して効果を発揮しますので、人前で緊張すると直ぐに汗をかいてしまうと言う人にはお勧めとなります。

 

大豆イソフラボンの成分としての効果は?

顔汗,食事

次に大豆イソフラボンの成分としての効果についてどの様なことが言えるのかと言うことですが、具体的な内容と致しましては女性ホルモンを増やしたり、髪や肌の健康を保ったり、骨を丈夫にしたり、また自律神経を安定させてくれるのです。

 

特に顔汗をかく場合と言うのは緊張をしたりプレッシャーが加わって汗をかく場合が多いですので、自律神経を安定させることで顔汗を止めることに大きな効果が得られると言われています。

 

だからと言って急に大豆イソフラボンを摂取した翌日から顔汗をかかなくなると言うことではありませんので、毎日コツコツと大豆イソフラボンを摂取する積み重ねを行うことによって少しずつその効果を発し、顔汗がかきにくくなる体質へと改善されて行くのです。

どのように「大豆イソフラボン」を摂取していけばいいの?

顔汗,食事

ではどのようにして大豆イソフラボンを取り入れて行けば良いのかと言うと、例えば気合を入れて毎日豆腐を3食食べたとしても理想的な摂取量は1日40mg〜50mgとされておりますので実は余り効果はありません。

 

またこれ以上食べたとしても体外に排出されてしまうだけですので多く食べる必要もないのです。

 

では実際に1日に大豆イソフラボンを40mg〜50mg摂取することはどの位のですイメージなのかと言いますと納豆は1パックで50gありますが大豆イソフラボンは65mg含まれています。

 

また豆腐は1丁110g当たり55mg、油揚げは1/2枚で52mgとなっています。

 

ですので1日のうちに納豆を1パック食べるか豆腐を半丁食べればよいと考えれば考えれば顔汗をかきやすいと言う方にも抵抗なく今日からでも食生活を改善できるのではないかと思います。

 

また上に挙げた食材がどうしても嫌いであると言う場合には最近では顔汗用の制汗剤が発売されており、メイクの下地に使用したり就寝前に使用する事で日中の顔汗を抑えてテカリを抑えて一日中サラサラした肌を保つことができるのでお勧めの顔汗対策用のグッズと言えるでしょう。

 

>>オススメの顔汗対策用グッズはこちら